オフィス街

緊急事態宣言解除後の初の週末、秋葉原のパチンコ屋で大行列を見た

akihabara pachinko gyoretsu

緊急事態宣言が解除されて、初の週末。

朝、近所の散歩で、パチンコ屋の前を通りました。

すると、もの凄い光景が、広がっていました!

とんでもない大行列が、出来ていました。

列は、万世橋に続き、これからも伸びていきそうな勢いでした。

緊急事態宣言解除後、初の週末です。

この大行列から、今までの外出自粛生活で、溜まりに溜まった、鬱屈を晴らそうとするかのような、集団的な力強さを、感じられました。

パチンコ屋の開店2時間前の朝に、通りかかって、これくらいの行列だったので、開店時には、もっと多くの人が集まっている事でしょう。

そう思って、このパチンコ屋の開店時間の頃合いに店周辺を眺めてみたら、店頭に、凄い数の人集りが出来上がっていました。(すみません。写真なし)

これほどの大行列を目の当たりにすると、外出自粛要請真っ只中であった5月にあった、営業を強行していたパチンコ屋への批判の数々とは、一体何だったんだ・・と遠い目をしたくなります。

もっとも、私としては、パチンコ屋に行列が出来ても、けしからん!と怒るような事はありません。

むしろ、緊急事態宣言中に、どうして、パチンコ屋だけ叩かれるのだろう、と違和感を持っていました。3蜜が根拠でパチンコ屋をダメとするなら、普通に、都市を走る電車もダメというロジックになるはずですから。。

 

という訳で、緊急事態宣言の終了とともに、3蜜の日常が戻ってきたのを、思わせる大行列でした。

ABOUT ME
普通のフリーランスエンジニア マノリさん
1981年生。早稲田大学卒。秋葉原(外神田)在住。フルリモートで作業中。昼は人で溢れかえり、夜は誰もいなくなる電気街で、仕事を頑張る。趣味は、小説と散歩