システムエンジニア

未経験がプロジェクトマネージャーやWebディレクターをやるとこうなる

inexperienced pm director

フリーランスのシステムエンジニアをやっています。

 

様々な開発プロジェクトに関わっていると、時折、

非エンジニアの人が、PM(プロジェクトマネージャー)や開発デレクションを担当している、

案件に出会います。

 

結論を言うと、非エンジニアが、PMやWebディレクターを担うのは、オススメしません。

 

未経験者がプロジェクトマネージャー(PM)を担うリスク

システム開発の現場では、未経験や新入社員、異職種の人でも、プロジェクト管理はできる、と考える人は、少なくない印象があります。

私も、新人の時、PM職をやらされました。

PM職を経験!と言えば、聞こえはいいですが、実態は、雑用的な業務でした。

 

なぜ、システム開発の経験の浅い人でも、PMやWebディレクターは務まる、という思考に至るのでしょうか。

それは、PMやWebディレクターの業務は、エンジニア的な技術力よりも、コミュニケーション能力が重要である、と考えられているからではないでしょうか。

 

PMやWebディレクターは、主に、次のスキルが必要になります。

  • プロジェクトの進捗管理
  • 業務内容の理解
  • 技術的スキル
  • 業務分析や問題解決力
  • 要件定義や仕様理解

( PMWebディレクターで、その業務内容は微妙に異なりますが.. )

 

確かに、最低限のコミュニケーション能力があれば、プロジェクトの進捗管理は、問題はないでしょう。

技術的スキルがなくても、スケジュールが遅れているかどうかの確認は、誰にでも、できるからです。

PMやWebディレクターは、最悪、エンジニアに全部喋らせてウンウンと傾聴しているだけで、事足りてしまいます。

進捗管理は、コミュニケーション能力という、曖昧なスキルで、なんとなく、それっぽくできてしまいます。

 

しかし、当然ですが、PMの仕事は、進捗管理だけではありません。

現状の業務内容を把握し、問題点を洗い出します。業務上問題の改善点を見出し、それらを踏まえて、システム化を図ります。

つまり、業務知識や技術スキルが必要になります。

これらのスキルがなければ、プロジェクトを進めていくことはできません。

要するに、単なる、未経験では、PMやWebディレクターは務まらないのです。

 

【体験談】未経験がPMをしたらこうなった

業務系のシステム開発プロジェクトに参画した時、このPMは、非エンジニアの方です、でも、この方は、コミュニケーション能力抜群だから問題ないですよ、と聞かされました。

エンジニアは、私を含めて4名。

フルリモートで、コミュニケーションは、slackzoomを使用。

 

業務中、このPMから、頻繁に、slackが送られてきました。

その内容は、

PM「私は、一体何をやっているのか教えてもらえませんか?」

というものでした。

 

こっち(エンジニア)は、設計、製造で忙しいのに、

なんで、PMに、PMの仕事の内容を教えなければならないんだ、

と頭を掻き毟ります。

しかも、作業中に、あれこれ、頓珍漢な事を質問されて、こちらが回答しても、それも曲解して、また頓珍漢な質問を繰り返す始末です。

これは、単に、エンジニアの作業の邪魔をする行為に他なりません。

 

 

開発作業を進めていて、皆(エンジニア思いました。

エンジニア「このPMは、何の仕事をしているんだろう」

エンジニア「このPMは、何の為に存在しているのだろうか」

エンジニア「このPM、邪魔だな」

 

このPMの進捗管理は、リモートミーティングで、ウンウンと頷いているだけで、

業務内容も理解できていないので、当然、どんなシステムを開発しているか分かっていません。

 

クライアントとミーティングをする時は、のらりくらりとした会話を続け、ミーディング終了後、「あれ、我々は、一体何の話をしていたんだっけ?」という状況が繰り返されました。

クライアントとエンジニアが、このPMに対して、違和感を抱くのは、必然です。

 

結局、このPMですが、プロジェクトの途中で居なくなりました。

その後、このプロジェクトは、PM不在で進みましたが、当該PMがいた時よりも、エンジニア全体の作業進捗が向上した事には、皮肉を感じました。

 

未経験のPMは、自分が本当に何をやっているか分かっていなかったようで、

クライアントやエンジニア全員が、プロジェクトが順調に進んでいる事を共有している最中、

このPMだけがパニックになって、訳のわからないことを騒ぎ立てたこともありました。。

 

本当に、何の為に、いたんだ。。

そんなPMは、少なくありません。

 

コミュニケーション能力 < 業務知識や問題解決能力(+システム開発の知識)

PMやWebディレクターは、コミュニケーション能力よりも、業務知識や問題解決能力、そして、最低限のシステム開発の知識が、重要になります。

 

ちなみに、私は、

PMやWebディレクターにとって、コミュニケーション能力はそれほど必要ない

と思っています。

前述の、業務を何も理解していなかったPMですが、コミュニケーション能力は高いと紹介されていました。

確かに、このPM、ミーティングの時は、ベラベラとそのコミュニケーション能力の高さを発揮していました。

 

コミュニケーション能力が高いと紹介される、未経験や非エンジニアのPMは、次のような特徴があると考えます。

  • コミュニケーション能力が高くて、ミーティングでよく喋るのですが、その会話の中身が無い
  • 加えて、slackでは、そのコミュニケーション能力の高さゆえに、長文をPOSTしてくるのですが、こちらも同様に中身がない
  • そして、なまじコミュニケーション能力があるので、言い訳や文句を並べ立てて、問題の本質を煙に巻こうとする

 

エンジニアを続けていると、「システムの事は、分かりません」という、未経験や非エンジニアのPMやWebディレクターに出会う機会があります。

これらは、エンジニアにとって、仕事しづらい存在なのです。

ABOUT ME
普通のフリーランスエンジニア マノリさん
1981年生。早稲田大学卒。秋葉原(外神田)在住。フルリモートで作業中。昼は人で溢れかえり、夜は誰もいなくなる電気街で、仕事を頑張る。趣味は、小説と散歩