オフィス街

三密マスクでオフィスワークをしている会社を見た

officework sanmitsu

筆者は、フリーランスのエンジニアで、コロナ禍以前から、ずっと、リモートワークをしています。

なので、フリーランスになってから、ここ五年くらいは、会社に出社して仕事をする機会がなくなりました。

 

先日、

オフィス街の、とあるコワーキングスペースで、作業をしていた時、

窓から、向かいの雑居ビルに入居している、中小企業の社内の様子が、はっきりと見えました。

見ていて、どうしても気になることがあるのです。

 

そのオフィスでデスクワークをしている方々は、デスクを島型レイアウトにして物凄く密になって仕事をしているのです。

(コロナ対策の昨今では当たり前の光景かもしれませんが。。)

もちろん、皆マスクをしています。

ただ、オフィスのスペースに限りがあるのは分かりますが、ここまでわざわざ他者と接近、過密をしながら仕事をする必要性があるのか、疑問に思いました。

このオフィス内のあまりの過密ぶりに、コロナ以前の昼時の駅前の牛丼屋の光景を思い出します。

 

それに、この時世では仕方ないのかもしれませんが、一日中マスクをつけながら仕事をしているんですよね。。

これは、さすがに辛そうだな・・と思えてしまいました。

これからの時代、オフィス勤務は、マスク着用必須。

それが当たり前なのは、分かります。

ただ、フリーランスの自分としては、コロナ時代の現在、いよいよ、就職はできないな・・と思いました。

 

リモートワークで作業できるのは、非常に恵まれている事なんだと実感しています。

接客販売業で働く人等、リモートワークが難しいエッセンシャルワーカーの存在は理解しております。

ただただ、働きづらい世の中になったものだ、と思わざるを得ません。

コロナが収束して、普通に仕事ができる世の中になって欲しいものです。

ABOUT ME
普通のフリーランスエンジニア マノリさん
1981年生。早稲田大学卒。秋葉原(外神田)在住。フルリモートで作業中。昼は人で溢れかえり、夜は誰もいなくなる電気街で、仕事を頑張る。趣味は、小説と散歩